貿易事務の仕事には必須といわれる資格はない

貿易事務には資格が必要なのか

貿易事務の仕事には、必須といわれる資格はありません。しかし、資格やスキルを取得していることで、大きな力になってくれるものは多くあります。

貿易事務に必要とされるスキルや資格をランキング

JOB
no.1

TOEIC600点以上の英語力

貿易で重要とされるのが言葉になってきます。その中でも、世界共通語と呼ばれている英語は、必要スキルともいわれています。

no.2

国際物流の代行を行う通関士

日本は様々な国との貿易が盛んです。そのため、輸出入の量も多く、その全てに輸出入者が関わることは、大変難しいことです。そんな企業のために、通関士が物流の手続きを代行してくれます。

no.3

貿易実務検定

貿易実務で一番メジャーといわれる民間試験資格です。貿易や環境、英文や外国通貨など、様々な知識が必要とされる資格になります。

no.4

ビジネス英語検定

仕事で利用される英語でのコミュニケーション力を培う検定といわれています。また、外国と関わる仕事において必要とされる英語力や英文作成なども、検定内容に含まれます。

no.5

一般常識やビジネスマナー

一般常識やビジネスマナーは、どんな職種でも求められるものです。さらに、言葉や認識のズレが起こりやすい外国人とのビジネスだからこそ、細かなマナーなどが重要視されることがあります。

貿易事務の仕事には必須といわれる資格はない

握手

実務経験が大切な仕事

貿易事務の利点といえるのが、資格を持っていなかったり、未経験者でも、就くことができる仕事とされています。しかし、実務経験が注目されやすい仕事でもあります。そのため、経理の経験や発注業務など、貿易事務に繋がる仕事を体験しているといいかもしれません。

履歴書

臨機応変に対応できる柔軟性も必要

スキルや資格を持っていてもままならないのが、現地でのトラブルです。そういった際に、柔軟性を持っている事も大切です。きちんと自体を把握することで、臨機応変な対応ができるようにする必要があります。

学んでいこうとする姿勢が何よりも大切

貿易事務は、通常の事務と異なり、クライアントとも直接的なやり取りを行います。そのため、裏方で頑張るといった姿勢ではなく、自分も様々な点で関わっている意識を持ち、学んでいくことが大切です。

貿易事務の派遣求人を利用しよう

広告募集中